画像の登録

SNSコードの登録



設定をクリックしてください。





HTMLCSSをクリックしてください。





SNSをクリックしてください。





画面が表示されます。

いいね!などのSNSボタンのコードが挿入されています。

初期状態で入っているコードは全部編集可能です。

また、空欄部分には新たに追加したいSNSコードを挿入することができます。

空欄にするとホームページに表示されません。





ホームページにSNSボタンを挿入するには詳細表示画面でSNSタグを追加してください。



※<SNS>タグが挿入されている場合、HTMLのヘッダ部分にOGPタグ(下記4行)が挿入されます。

1.<meta property="og:title" content="タイトル"/>
2.<meta property="og:url" content="ページのURL"/>
3.<meta property="og:site_name" content="サイトの名前"/>
4.<meta property="og:description" content="ページの説明文(facebookでページタイトルの下に表示)"/>


挿入例

<meta property="og:title" content="学校評価"/>
<meta property="og:url" content="http://www.rakubai.co.jp/schoolhp/n467jac3/7.html"/>
<meta property="og:site_name" content="福岡RAKUBAI中学校"/>
<meta property="og:description" content="学校評価を公開しました"/>

※ページURLは、基本情報に入力された「サイトURL」をもとに構成されているため、必ず入力しておいてください。



OGPとは
Open Graph Protcolの略称で、FacebookやTwitteなどのSNSでシェアされた際に、ページのタイトル・URL・ページの説明・サイトの名前を意図した通りに正しく表示させる仕組みです。
シェアされたときに、URLだけの場合よりSEO効果が高くなります。



SNSボタンは、サーバーにアップしインターネット上で見ないと綺麗に表示されません。

表示例







[関連リンク]
1.HTML・CSSテンプレ構成
2.JAVAスクリプトファイル
3.SNSコードの登録





[Homeへもどる]