学校のホームページの作り方

Homeホームページの作り方学校のホームページの作り方...



学校のホームページの作り方



ホームページ作成経験者であれば、配布しているソフトを使って10分くらいでHPを作ることができます。

ですが、HPを初めて作るという方は、どんなに簡単にページを作れるソフトでも時間がかかってしまいます。

そこでホームページを作るコツや参考になる小中学校のページも紹介しています。







ホームページを初めて作るという方



■カテゴリ(メニュー)を、どんな項目にするのか、どんな記事を属させるのかホームページを作る前に決める


どのカテゴリにどんな記事を属させるのか決めておかなければ

更新するたびに担当者も迷い、どこに何の記事があるのか訪問者(保護者や地域の方)もわかりづらくなります。



カテゴリ例

○学校概要 ・・・学校の歴史 所在地

○校長室から・・・校長挨拶 学校経営方針

○お知らせ ・・・学校だより 行事予定 配布文書 学校評価 学力調査結果 
          いじめ防止 PTAから 職員採用情報

○日々の様子・・・運動会 文化祭 行事 生徒会活動 部活動 日々の様子



学校のホームページであれば上のカテゴリがあれば十分です。

カテゴリを作る際に保護者や地域の方がホームページを訪問したとき「見やすい、探しやすい」、先生方が見てほしい情報が意図したカテゴリにあるということが大切です。




■HPの顔とも言えるタイトル写真を撮る


どんなホームページでも一番最初に表示される写真がボケている、暗いでは印象が悪くなります。

晴れた日などに校庭にでて学校全体の写真や施設の写真を準備したほうが学校の印象も明るくなります。





■HPに掲載する写真


学校の子どもたちの様子を保護者や地域の方に見てほしい、子どもたちの活動を知ってほしいという理由から記事に子どもたちの写真を掲載する場合、子どもたちの個人情報が悪用されないように学校や先生方は細心の注意をはらってください。






カテゴリやタイトル写真の準備ができたらダウンロードしたソフトを起動しマニュアルに沿って作業を行ってください。

デザインもプレビュー画面を見ながらクリックするだで出来上がり、10分くらいでHPの基本的な形ができあがります。

あとは日々の学校からのお知らせや記事を入力し「ホームページを作る」ボタンをクリックするだけで簡単に更新ができるようになります。






職員の異動の際に困るHPの引き継ぎ




職員の異動の際、ホームページの作成や更新を誰に引き継ぐのか、誰を担当にするのか、引き継がれたけど何をどうしたらいいかわからない、など学校の先生方のおかれている現状だと思います。

また、誰もHPを作れない、更新できないという事情から校長先生が更新作業を行われていたり、最悪のケースでは一切更新されていない放置ページを見かけることもあります。

そんな悩みを一発で解決できるのが「らくばい」です。



パソコン初心者でもHPの知識など不要で、あっという間に簡単に作れてしまいます。

職員の異動の際、ホームページ担当の引き継ぎもスムーズに行うことができ引き継がれた先生も楽しくなるくらい簡単に日々の更新やデザイン変更などもできます。





このエントリーをはてなブックマークに追加













[Homeへもどる]