学校のホームページに写真や動画を掲載する危険性の軽減

HomeHPについて 写真を掲載する危険性学校のホームページに写真や動画を掲載する...



学校のホームページに写真や動画を掲載する危険性の軽減



学校のホームページを見ていると子どもの顔や個人が特定できる写真を掲載しているページを見かけます。
学校の様子として保護者に承諾を得て掲載されているのでしょうが、とても危険だと思われます。
なぜならインターネット上の写真や動画は、アップした時点から世界中の人が見ることができ、何かの理由で拡散されれば、現在はもちろん、将来にわたって永久的に削除することができないからです。
子どもの顔や個人が特定できる写真や動画を悪意のある加工をされ拡散されれば子どもたちの安全にも影響しかねません。
写真や動画により個人が特定され位置情報まで正確にわかる時代、子どもの安全を守るためにも学校のホームページに掲載する内容には十分に注意をはらう必要があります。
しかし、学校職員は定期的に学校を異動し、学校のホームページ作成担当もかわります。
写真や動画の撮影は学校職員個人の主観でおこなわれ、また明確な基準もないため、担当者がかわれば安易に子どもの写真や動画を掲載してしまう危険性もあるのです。
学校のホームページ作成ソフト「らくばい」には写真の解像度を下げ個人を特定しにくくする機能があります。
この機能により学校のホームページ作成担当がかわったとしても常時写真の解像度を下げ個人が特定される写真を掲載してしまう危険性を減らしてくれます。



このエントリーをはてなブックマークに追加













[Homeへもどる]